レキオプラ

レキオプラ

炭酸カルシウムを用いた
環境負荷の少ない従来品より安価な
生分解性プラスチック素材

「レキオプラ」の特徴

レキオプラ:沖縄県産出の「炭酸カルシウム」と「生分解性樹脂」を当社独自の方法によりペレット化した新素材です。レキオプラは、世界で初めて(当社調べ)炭酸カルシウム80%、生分解性樹脂20%の割合での射出成型品の作製に成功しています。

石油資源枯渇抑制

石油資源由来の材料を使うことなくシートやフイルム成形のほか射出やブロー成型による加工が可能です。

代替え可能

プラスチックや紙製品代替が可能なことから石油資源や森林資源を守ことができます。

マイクロプラスチックの抑制

廃棄物となった場合、所定条件で「生分解」し「水と二酸化炭素」となる作用を有しマイクロプラスチックの発生を抑制をします。

使用後

プラスチックや紙製品代替が可能なことから石油資源や森林資源を守ことができます。

回収後

回収後リサイクル材利用が困難な場合は「ケミカルリサイクル」による生分解性樹脂回収の研究を進めています。

当社製品の特徴

環境負荷低減製品(生分解性樹脂との組み合わせ)

SDGs沖縄モデルの実施
「炭酸カルシウム」と「生分解性樹脂」による沖縄県脱プラスチック環境モデルを確立し、国内外に広く発信・普及を行います。

当社のSDGs沖縄モデルは環境プラスチックで環境負荷低減する取組

製品例

ビニール袋

プラスチック容器

ペットボトル